2022年10月20日

2年生お芋堀り

秋晴れの良いお天気の元、朝9時半より2年生のお芋掘りがあり、お手伝いをしました。

初めに校長先生から「1組から3組でクラス別に1クラスずつ芋掘りをして、
芋掘りをしてないクラスは、園芸クラブ員が刈り取った蔓を芝生広場に持って行って遊びましょう!」
とお話がありました。

お芋掘りの子供等はスコップで丁寧に土を掘り起こして茶色のお芋を見つけると「大きいなぁ」
「あっ、途中で切れちゃった」等、歓声を上げていました。

掘り起こしたお芋は立派で、幾つもお芋の付いた蔓を高々と
挙げて校長先生に写真を撮って貰ったりしていました。

S__19005475.jpg S__19005468.jpg

S__19005465.jpg LINE_ALBUM_20221020  園芸臨時活動 2年生芋掘りと共に_221020_14.jpg

LINE_ALBUM_20221020  園芸臨時活動 2年生芋掘りと共に_221020_15.jpg S__19005466.jpg

LINE_ALBUM_20221020  園芸臨時活動 2年生芋掘りと共に_221020_17.jpg S__19005477.jpg

また芝生広場の子供達は、蔓を山の様に盛り上げて「ふかふかベッドや!」と
その上に寝転がる子、蔓の束の上をトランポリンの様にぴょんぴょん飛び跳ねる子、
蔓を頭からかぶって怪獣になる子、紐状にして縄跳び、
三つ編み遊び等、子供達の想像力には驚くばかりです。

S__19005471.jpg LINE_ALBUM_20221020  園芸臨時活動 2年生芋掘りと共に_221020_1.jpg

LINE_ALBUM_20221020  園芸臨時活動 2年生芋掘りと共に_221020_0.jpg S__19005474.jpg

LINE_ALBUM_20221020  園芸臨時活動 2年生芋掘りと共に_221020_6.jpg S__19005458.jpg

S__19005461.jpg S__19005462.jpg


都会の中の小学校で自然豊かな遊びが出来るのは晴明丘小学校ならではですねにこにこ
また園芸クラブの本来の活動も少しの時間で、ピーマン、茄子、さつまいもを掘り、
ピーマンの畑は苗を全て引き抜き、綺麗にしました。

男性陣がくすのき畑で引いた雑草等を堆肥する穴も掘り起こしてくれました。

今日も活動お疲れ様でした。有難うございました。



posted by engei at 16:49| Comment(0) | 収穫祭

2022年10月11日

難波葱大収穫 上田さんの畑へ援農

上田さんのネギ畑にて、難波ネギの収穫をしました。

13名の参加で、臨時活動をしました太陽

子供と一緒に大きく育ったおネギを収穫できて、
良い体験になりました

にこにこお疲れ様でした

LINE_ALBUM_20221011 臨時活動_221020_3.jpg LINE_ALBUM_20221011 臨時活動_221020_5.jpg

LINE_ALBUM_20221011 臨時活動_221020_0.jpg LINE_ALBUM_20221011 臨時活動_221020_8.jpg

LINE_ALBUM_20221011 臨時活動_221020_10.jpg LINE_ALBUM_20221011 臨時活動_221020_2.jpg
posted by engei at 20:00| Comment(0) | 収穫祭

2022年04月24日

綿くり+綿繰りたたき+糸くり

4/24(日)
10時半より多目的室にて。
臨時活動
綿くり+綿繰りたたき+糸くり
を行いました。

お子さん含め16名の参加で、貴重な体験ができました。お疲れ様でした。

一昨年と昨年度観察園で栽培した「綿」を使って(和泉木綿の会 )会長の平山さんより「綿くり・綿たたき・糸くり」を体験しながら、大阪を支えた繊維産業のことを学びました。
497967B2-1804-42A9-8D81-263292F3D253.jpegCACC0F87-1B4A-4664-978C-B16A16C5ABC6.jpeg9D7BF921-1ABE-485B-8F13-33B34377F400.jpeg6D900FAE-8D9F-4D6A-BF6E-EFD871A0ECFB.jpeg61C7F5EF-970C-47F4-8658-797655DC8117.jpegB0A73777-A521-4952-BAD7-E96D88E06B67.jpeg0AC44943-2AEE-4734-9AAB-41FBAAA5203A.jpeg2613C205-C93F-48D1-A13E-D4CD65ACA807.jpeg13763ECD-F4B3-4C2F-AA7C-A302F81DA8B0.jpeg436953F8-0EC5-4319-AFED-38756DDF64E2.jpeg97097476-D5DB-441B-8DA0-BF3DA5D3943D.jpegE3A30174-EC73-4B4A-A0D3-19A2D47833AC.jpeg
昔は糸を使って、ふんどしやおむつ、腹帯、手拭い、布巾を作られていましたが、今は需要が減り、手拭い、腹帯や一部のスーパー銭湯の浴衣を作られているとのこと。
綿は、4〜5月に種まき、10月収穫。 
大丸1︎綿から糸にする手順
@まず、収穫後、種をわた繰り機(木製でローラが付いている)ローラーの間に種つき綿を入れ、
ハンドルを何度か回すとせんべい布団の様に綿がぺたんこになり種だけでとり出せる。
一粒植えてるだけでも何百もの綿が成るため、その中には種があり、その種を植えると、どんどん増えていくので綿畑で埋めつくす程になるそう。
なので、種の使い道として、食用綿実油として使う事もあるとのこと。
綿は全てを使えてる万能な植物で、昔は、綿の木や枝の部分はご飯を炊く時に薪代わりに使い、その後の灰を土のアルカリ分としてまき、種をとった後の残りカスは畑の肥料として4月の種まきの時に使う。全てを使いきるこの出来る。

A綿から種を取り除いたペタンコ綿をふんわりさせる為、弓矢の弓の部分を弾いて綿に当てる

Bふんわりした綿を、糸繰り機(糸車)でヨリをかけながら強度を強める。回転させ、ねじれさせ、糸を強くさせるそうです。
一回転させても、50センチほどにしかならないので、昔は男性の仕事で、着物を作る糸量なら、一日中を1、2週間続けてようやく出来上がるぐらいとのこと。
家族で作業分担して、
子供は綿繰りで種取り
男性は糸車で糸紡ぎ
女性はその糸を使い、はた織
をしたそうです。
家族皆が忙しかったんですね。

今日参加の子供さんも興味深く作業をされていたので、昔遊び的な楽しさもあるんでしょうねとても勉強になりました。

昨日収穫したて!️の、豆ごはんおにぎりや豆餅、よもぎ餅、ローズマリーを使ったお肉料理美味しかったです❣️ありがとうございました(o^^o)

ーー
本日は綿繰り体験に参加させていただき、ありがとうございました(emoji)(emoji)

種から綿が収穫できるようになり、一本の糸になるまでのお話も興味深く、その糸達から生地に出来上がり、私達の着る物、日常の生活に必要な物へと生まれ変わるには、たくさんの人の手と時間と工程が積み重なっていたのだと勉強になりました。
残念ながら、今では手でこのような作業はほとんどないようです。

だから、昔の人は綻んだ箇所を何度も継ぎ当てて、大切に着ていたそうです。

ーー
2年前の春のコロナ禍に突入した頃に平山さんから綿の種をいただき、育ててた綿での
綿くり+綿たたき+糸紡ぎ体験
やっとの実現でした。

白い綿、茶綿・日本産のは→白い花
アメリカ産の茶綿、緑綿はピンクの花
花が咲くと国産かそうでないかがわかるそうで、また植えましょう!


ちょうど20年ほど前に総合っという授業ができた頃は1年に100回ぐらい学校でこのような学習体験をされていたそうですが、数年前から総合の授業も少なくなり、さらに
コロナ禍で全くなくなり
平山さんもひさしぶりの開催だったそうで、また機会を設けたいところです。

258A51FD-970B-4AB2-96FB-7035F11491D5.jpeg92779ED4-2A79-4F18-9646-DD7C440E661A.jpeg
posted by engei at 21:29| Comment(0) | 収穫祭