2017年10月31日

秋の七草

くず(これは植えることができない)以外の花が
自然観察学習園でみられるようになりました。
IMG_1272.JPG 


IMG_0786.JPG
すすき

IMG_0852.JPG
ききょう

IMG_0861.JPG
ふじばかま

IMG_1275.JPG
河原なでしこ

はぎ

FullSizeRender.jpg
おみなえし
posted by engei at 20:13| Comment(0) | 観察園のようす

2015年06月18日

トノサマガエル

田植えも終わり、
静かになるとなき声が聞こえる
かえる・・・ケロケロという
2015_06_19_06_42_43.jpg
これは何カエル?
っと
先日の活動日に撮ったカエルの写真を
都市の生物多様性の研究している方におくり
ましたら
小学校の自然観察学習園のカエルは・・・・
------------------
すごい!
殿様ですよ!
トノサマガエルです。

殿様は、もともと非常に身近なカエルでしたが
今は悔しいながら、環境省のレッドリスト「準絶滅危惧種」に指定されるまでになっています。

昔からこのあたりにいた殿様が、
この観察園が出来た際、放されたのではなく自然にここへやってきたのなら
この観察園の素晴らしさと大切さがわかりますね。

--------------
とのことでした。

------
6月18日
小学校柴山校長先生のブログ・・・
----
皆様レッドリスト(準絶滅危惧種)というのをご存じでしょうか。

水田減少でトノサマガエルがレッドリストに登録されています。

トノサマガエルは冬は地中で冬眠し、
4月から6月ごろに平野部や低山にかけての池や水田などに
姿をみせるそうです。

しかし、生息に適した水田環境が減少し、
個体数の減少や生息環境の悪化が進んでいることから
レッドリストされたようです。

そのトノサマガエルが本校の自然観察園で観測されました。

このことが自然発生的に観測されたのであれば
本校の池が生息に適していると言えるのかなあと思います。

しかし、外から持ってきたのであればそうでもないのかなあと思います。

最近では珍しくなったトノサマガエルが生息しているのが
発見されたことに感激しました
----------------
大阪市立自然史博物館 学芸員の長谷川匡弘先生から
コメントをいただきました。(6月20日)
--------------
写真のものはトノサマガエルでOKです。

トノサマガエルは
郊外ではどこにでもいる普通種ですが、市内では
さすがに少なくなっていると思います。

周りに生息環境が無ければ、入りようがないので
ビオトープを作るときに持ち込んだ泥などに紛れて
入り込んだ可能性もあると思います。

(梅田スカイビルの新里山でも土と一緒にツチガエルの卵が
入り、今も生息しています)

ただ、
絶滅危惧といってもどこにでもいる普通種からめったに見れない物まで様々で

トノサマガエルは今でもどこにでもいる普通種ですが、
減少率が大きいため準絶滅危惧とされているのでしょう。

将来的にはもっと減ってしまう恐れがあるから、気をつけなさい、
という意味合いでRDBに入っているのでしょうね
-----------
posted by engei at 18:00| Comment(0) | 観察園のようす

2015年06月06日

自然観察学習園の水の循環を検討

2015_06_07_20_41_54.jpg 2015_06_07_20_42_12.jpg

大阪市より小学校が「水の使いすぎ」とお叱りを受け、
6日に自然観察学習園で水の循環を
各分野のエキスパートを招き
プールの水、井戸を掘る、雨水を利用の3点より検討しました。

夏季は、プールの水の循環を子どもたちを交えサイフォン効果の勉強をしながら
池と川に水を回すことを実施しはじめます。

塩素に関して、昔と違いすぐに抜けているそうです。
放課後を予定していますが、またお知らせしますので、ご協力ください。

井戸を掘ることについて
海外援助などで掘ったことのある経験者などを探しています。
場所、方法などの検討に入りますが、
ご存じの方いらっしゃいましたらお知らせください。

掘削に会しましては
エリーニ・ユネスコ協会U's(青年部)の協力を得て
実施する方向です。


8日は、地域園芸クラブの活動日で
吹田くわい、玉造黒門越瓜の苗を植える準備をする予定です。

10日午後、住吉高校の先生方が
プールの水の循環や井戸を掘るなどのときに協力いただけるよう高校生と子どもたちとの
ユネスコ・スクールの連携を模索しに自然観察学習園のようすを見学に来られます。

そのあと、天下茶屋湿地(片葉の葦の群生地)の見学に参りまして
国有地で売却予定地となっていまして、その湧水地の重要性について
専門家より説明がありますので、
ご都合いい方はご参加ください。

自然観察学習園のようす

2015_06_07_21_09_09.jpg 2015_06_07_21_09_32.jpg
ペチュニア(阿倍野区の花) アザミ
2015_06_07_21_09_46.jpg 2015_06_07_21_12_26.jpg
満開!アジサイ   田んぼ

2015_06_07_21_10_01.jpg 2015_06_07_21_09_54.jpg
秋の七草 萩 なでしこ

2015_06_07_21_10_34.jpg 2015_06_07_21_10_46.jpg
水なす  金時人参の花

2015_06_07_21_11_02.jpg 2015_06_07_21_11_17.jpg
毛馬きゅうり  難波ねぎ(種ができています)

2015_06_07_21_11_27.jpg 2015_06_07_21_11_49.jpg
トンボ
2015_06_07_21_12_04.jpg 2015_06_07_21_12_12.jpg


posted by engei at 17:00| Comment(0) | 観察園のようす