2019年03月17日

追肥、卒業おめでとう看板作り

園芸活動、お疲れ様でした。
9名の方と子供3人が参加されました。

急な雨に雨️で、活動の方は森正男さんが、
追肥して下さったりお野菜を収穫したり後、
早く切り上げられ、卒業式用の看板作りを行いました。 


IMG_4428.JPG  IMG_4386.jpg

IMG_4439.JPG IMG_4389.jpg

IMG_4390.jpg 
  IMG_4442.JPG

IMG_4443.JPG IMG_4444.JPG

IMG_4445.JPG IMG_4446.JPG

IMG_4431.JPG IMG_4432.JPG

IMG_4436.JPG  IMG_4437.JPG

IMG_4433.JPG  IMG_4437.JPG

IMG_4434.JPG IMG_4435.JPG

春の訪れを感じるお花が綺麗です(^ ^)

雨で作業が出来ないので、卒業式前で使われていない体育館の前の屋根がある場所に移動し、子供と一緒に切ったり貼ったりと、、とても素敵な看板が仕上がりました!

前回まで使われてたのを一新しようと、真っ白の画用紙を貼り付けて直して、お祝いの言葉を田辺さんがささっと筆で書いてきて下さったり(達筆!)
装飾は、いつも器用な三星さんが、ご自宅で色々な折り紙で作ってきて下さいました。

とてもお上手なので、いつも感心します。

その皆さんが心を込めて仕上げた看板を体育館前の植え込みの所に、当日朝に飾ります!!

その前で、記念すべき日の卒業生さんの記念撮影を看板さんは待ちわびてますハート

最後に祇園辻利さんのほうじ茶に煎茶に、
ほっこりタイム♫ご馳走さまでした平謝り‍♀️
posted by engei at 21:01| Comment(0) | 活動報告

2019年03月07日

難波ネギの植え付け

園芸活動お疲れ様でした。
今日は6人の方の参加でした。

昨日収穫した上田さんの難波ネギの根元を植えて下さいましたので、元気に育つのが楽しみです!

渡辺さんが、以前に貰ったことのあるという観察園の木の種類を確認する為の資料を持って来られてたので、
一本ずつチェックしていきましたが、普段、なかなかゆっくり木を眺める機会がなかったので、改めて勉強になります(*^^*)
李さんに中国との木の名前や種類の違い等、またお聞きしたいですね。

今日は少し寒空でしたが
水仙も咲き、かぶら、水菜も花を咲かせていました。春はゆっくりやって来てるんですね顔1(うれしいカオ)
玉ねぎもしっかり育っています。収穫が待ち遠しいですね。

次回活動日は卒業看板を作りたいと思います。
お時間ある方はぜひご参加下さい


最後に渡辺さん、赤坂さん、島村さんと大阪の美味しい物を聞きながら、
辻利のお茶を飲みました。

201937活動_190308_0010.jpg 201937活動_190308_0009.jpg

201937活動_190308_0008.jpg 201937活動_190308_0007.jpg

201937活動_190308_0006.jpg 201937活動_190308_0002.jpg

201937活動_190308_0003.jpg 201937活動_190308_0004.jpg

201937活動_190308_0001.jpg 201937活動_190308_0005.jpg

posted by engei at 20:00| Comment(0) | 活動報告

2019年02月28日

2月28日(木)堺へ!大人の遠足


自然観察学習園で育てた祇園辻利のお茶の木が契機となり、
昨年の京都へのお茶学習会に続いて、
今回は茶聖と呼ばれる千利休の生誕の地、
堺を訪れることになりました。

朝9時20分に東天下茶屋駅に集合して、いざ堺へ!

始めに「綾ノ町」停で降り、明治5年創業の「水野鍛錬所」へ向かいました。
IMG_0796.JPG IMG_0798.JPG


日本刀や庖丁を鍛える工房で、
水野家5代目の水野淳氏に中を案内してもらいました。

工房内は薄暗く、火を起こす鞴や鉄製の工具が沢山並び、




昔見た映画やドラマの鍛屋さんそのもので、
今も「るろうに剣心」の撮影現場として使用されているとのこと。


IMG_0805.JPG 、IMG_0802.JPG



IMG_0803.JPG   IMG_0806.JPG

IMG_0799.JPG

その鍛冶場で刀の原料である「玉はがね(砂鉄と木炭が層状に固まったもの)」の実物を見せて頂きながら、刀作りの要である鍛錬について説明して頂きました。

てこ棒の先に玉はがねを二つ折りにして付け、1300度の火で熱しながら3人がかりで槌で叩いて玉鋼を何層にも伸ばしていくそうで、
この工程を「折り返し鍛錬」と言うそうです。

3人の息が合えば「トン、テン、カン」と槌音が聞こえ、息が合わないと「トン、チン、カン」と聞こえる事から、
辻褄が合わない事を表す「とんちんかん」と言う言葉が生まれたそうです。

刀に纏わる日本語は他にも、優れた刀には折り紙がつけられていたことから「折り紙付きの」
不良品の刀に札がつけられていたことから
「札付きの悪」、刀が鞘に入らない「反りが合わない」等、多くの日本語が現代に残っていると教えて頂きました。

普段は見られない鍛錬の様子も、
毎年11月3日には公開されているそうで、今度は子ども達とも見学に来て、
日本文化の伝承技術を間近で見てみたいと思いました。

IMG_0814.JPG IMG_0815.JPG 

また「堺七まち雛飾りめぐり」のイベントに合わせて、建物2階で古くからの雛人形が飾られており、
手の込んだ飾りやお道具にも伝統文化の細やかさを感じました。 

同じ「綾ノ町」停そばに、江戸時代初期の庄屋「山口家住宅」も有り、徒歩で向かいました。

IMG_0816.JPG IMG_0819.JPG

IMG_0821.JPG IMG_0822.JPG

IMG_0826.JPG IMG_0827.JPG

IMG_0834.JPG IMG_0836.JPG

この地域は堺環濠都市の中にあって、第二次世界
大戦の戦禍を免れた為、町家が多く残っていました。山口家もその一つで、
入ると大きな土間があり天井には太い松の木の梁が見え、吹き抜けており、
焚き物の煙が昇って上部の窓から抜けるようになっています。

広い座敷や茶室、枯山水の日本庭園等、昔の日本家屋の様子がよくわかりました。
私の一番の発見は、雛飾りのお道具でしか見たことのない、 針山が高い位置にあるお針箱の実際に使用されていた家具が有ったことです)。

IMG_0851.JPG 


その後、再びチン電に乗って「大小路」停で降り、お待ちかねのランチタイム。

町家を改装した「さかいのま」カフェにて、ベトナム料理を頂きました。
お喋りしながら美味しい料理を食する楽しいひと時でした。
IMG_0855.JPG IMG_0860.JPG

IMG_0862.JPG IMG_0866.JPG

IMG_0867.JPG IMG_0870.JPG


最後に宿院町まで歩いて、今回の遠足のテーマである千利休の生誕地跡や、
「利晶の社」へ行きました。「利晶の社」では茶室に入って、お点前体験をさせていただきました。



裏千家流のお点前で、お辞儀からお茶や和菓子の頂き方、お茶の立て方まで教えて下さり、
見かけより難しいお茶の立て方に悪戦苦闘しました。

此処でも、お椀を眺めたり、床の間に飾られた花を愛でたり、
日本の豊かで静かな自然と共に育まれた文化を肌で感じることが出来、
貴重な体験をさせて頂きました。


お点前後は展示室で、千利休や与謝野晶子の生涯についての資料を見ました。

茶道の三千家である「裏千家」「表千家」「武者小路千家」は
千利休の孫の千宗旦の子供らが作った事など詳しく解説されていました。

お点前体験の席でも、流派の違いでお茶を泡立てて頂く裏千家に対し、泡立てない表千家があるとお話して頂いたことを思い出し、
日本人の繊細な心の文化に触れることの出来た遠足で、
改めて日本文化の奥深さに驚いた旅でした。実りの多い体験会になりました。

IMG_0876.JPG

園芸クラブでお世話下さった皆さん、楽しい企画を有難うございました。

皆さん、お疲れ様でした。

posted by engei at 22:00| Comment(0) | 活動報告