2012年08月30日

勝間木綿のワタくりと糸つむぎ体験に行ってきました

尼崎文化財収蔵庫に 毎年自然観察学習園で育てている
勝間木綿のワタを持って、ワタくりと糸つむぎに
行ってきました。
IMG_1559.jpg
(案内は畑中章さん・・・尼崎の歴史案内でお城跡を見ているところ)

尼崎文化財収蔵庫
IMG_1583.jpg

綿について
IMG_1588.jpg
尼崎文化財収蔵庫文化財担当・学芸員の伏谷先生の解説で
「れきし体験学習ボランティア」の方々に体験指導いただき
勝間木綿のワタくりと糸つむぎの体験しました。

ワタくりでは
みるみるワタと種が分かれて
ぼろぼろ種が取れるのにびっくり・・・
種は綿実油になるそうで
ワタはふんわり、いっぱいとれました。

糸つむぎ
IMG_1599.jpg
カタカタ カッタン カタカタ カッタン
眠りの森も美女や鶴のおんがえしを想像しながら・・・
大人も子どもたちも
花から実がわれてワタがとれ、それが・・・糸になっていくとは・・・
オドロキ ワクワク体験で夏休みのいい思い出になりました。

IMG_1610.jpg
ここははた織り体験もできるので
次回は はたおりをして
”Tシャツ作りをしよう!”ということになりました。

・・1時間でコースター一枚分ぐらい織れるそうですので
何度もこなければならないかも・・・です (^o^)v

TOM
----
参加者の感想・・・

初めての糸繰り・糸つむぎ体験で、とても楽しかったです。
子供も喜んでいました。歴史の展示や説明も勉強になりました。

感想は、子供達は糸繰りをとても楽しんでやっていたように思いました。
糸つむぎは私にはとても難しかったです。

また学芸員の方のお話で、
綿花にもいろいろな種類や歴史があることがわかり、面白かったです。

T
-------
いただいた資料
ワタから糸をつむごう(勝間木綿).pdf
勝間木綿に関して詳しくまとめてくださっています。感謝!

ワタから糸をつむごう.pdf

尼崎文化財収蔵庫は
ALLWAYS三丁目の夕日の舞台になった場所で
館内や、その後近辺を歴史案内ボランティアの
畑中章さんに案内いただき回りました。

尼崎は産業・文化の上で歴史的にも大阪に深く関わっていることがわかり
観察園(大阪)で取れた綿を持って尼崎に行くのも、
”阪神工業地帯の産業”を学んだ体験といった感じでした。

posted by engei at 17:32| Comment(0) | 収穫祭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。