2019年06月12日

平成30年度 地域園芸クラブ総会

朝10時半より小学校第1会議室にて、地域園芸クラブの総会が開催されました。


参加者10数名集まり、代表の赤阪さんから開会の挨拶の後、
富澤さんが議事録に沿って昨年の活動報告、島村さんからは昨年度の会計報告がり、
その後今年度の議題の行事予定について話し合われました。

具体的な活動内容として例年の夏・秋の収穫祭や
ハロウィン祭り参加の他、
園芸クラブにゆかりのある社会見学会や、
お茶の授業の取り組みは継続して行うことになりました。

また、今年から植物の他に観察園で見られる生き物についても、
学習を深めていくことになり、
担当の世話人として田辺さんにお願いすることになりました(田辺さん、宜しくお願い致します)

活動の具体的な内容として、
夏は7月19日の終業式の日に、
枯れて伐採された桜の木の廃材を利用しての「木工教室(ミニ黒板作り)」や、
冬は11月に大阪南部の「共生の森」へ出かけ、
2学期終業式の日に行う予定の「リース作り」の材料になる蔓や木の実を集める事になりました。

植栽計画については、なにわ伝統野菜や花壇の四季折々の草花の栽培と、
秋の七草コーナーの周りが工事後、崖が出来て危ないことから、
周りに「レンギョウ」や「雪柳」を植えて囲いを作ることにしました。

また、かえる池周辺にも、以前生えていた菖蒲やあやめなどを復活させたり、
田圃周りのコンクリートの剥き出し部分が隠れるように、
土を盛って豆類を育てる等の案が出ました。


小プールが無くなったことで広い空地が出来た為その活用について
堆肥コーナーを作れば、学校の目指すESDの役割を担えることや、
痩せた土地に最適なサツマイモ栽培も出来る等、土地活用の色々な意見が出ました。

実現出来るところから、順番に取り組み出来ればということになりました。

今日の総会に参加頂いた方、準備下さった方々、大変お世話になりました。
有難うございました顔1(うれしいカオ)"


posted by engei at 16:37| Comment(0) | 総会